労働時間・休日・休暇

勤務間インターバル制度とは何?

東京都では「インターバル勤務」を導入した企業に助成金が支給されたため、助成金を通じてインターバル勤務を導入した企業が多いかもしれません。

インターバル勤務とは、その名の通り、労働時間と労働時間の間に一定のインターバルを確保して休息時間を確保するための制度です。

例えば、前日夜おそくまで働いた場合に、一定の休息時間を確保するために、始業時間を遅らせて、十分な休息時間を確保することを目的としています。

さて、インターバル勤務の導入は今現在義務付けられているのでしょうか?

現時点では「努力義務」です。
措置を講じるように努めなければなりません。